弁護士の仕事

弁護士の仕事といえば様々な事件の裁判をこなし、自身の法知識を用いて公正な審判を下すドラマのような格好の良い仕事をイメージする方も少なくないかと思いますが、実際には実に様々な仕事があり、中には弁護士としての仕事というイメージが沸かないような仕事をすることも珍しくないそうです。

中にはほとんど裁判を行わない弁護士もいるそうで、弁護士の仕事と一口に言ってもその種類は非常に多くあるといいます。一体弁護士の仕事とはどのようなものなのでしょうか。

弁護士の仕事は非常に多岐に渡りますが、その多くはドラマでやっているような仕事とは全く違う仕事がほとんどだそうです。

裁判を行なう事がある民事事件や刑事事件も民事事件の場合は裁判を起こす前に事件を解決させるためにアドバイスを出したり話し合いを行うことのほうが多いそうですし、刑事事件の業務はそもそも扱っていないという弁護士も多く、ドラマのように自分で証拠探しを行うということも行えないそうです。

それ以外の業務だと企業のトラブルを解決するための顧問弁護士業務などを行ったり、小さい事務所に勤務している場合は自分で事務仕事をする事まであるそうです。

その他にも色々な仕事がありますが、少なくともドラマのような仕事ではないことは確かだそうです。