破産管財人業務

ビジネス男性12

弁護士の仕事と言うとまず裁判を行う姿を思い浮かべるかと思いますが、実際の弁護士の仕事は非常に多岐に渡り、中にはあまり世間的に走られていない仕事も多いそうです。

そんな弁護士の仕事の中でも出来ればあまりお世話になりたくないと思われるであろう業務が破産管財人と呼ばれる業務です。

会社の経営にまつわる知識を持っている人なら危機覚えがあるかと思いますが、破産管財人とは会社の経営が行き詰った際に会社の持つ財産を一通り整理して会社をたたむ準備を行うためのサポートを行う業務で、弁護士の仕事としては比較的メジャーな仕事といいます。

破産管財人の業務は実は弁護士側にもあまり好かれていないそうです。

心情的にもあまり良い気持ちのする仕事ではないと感じる方も少なからずいるそうですし、業務自体も売掛金の請求や在庫商品や公用車、不動産と言った現在所有している財産の売却、オフィスの明け渡しなど会社一つたたむにはやらなければならない事がたくさんあるため非常に面倒だという弁護士の方も多いそうです。

実際弁護士事務所の中には破産管財人の業務を断っているところもあるそうなので、万が一破産管財人を探すような自体に陥った時のために予め弁護士は探しておいたほうが良いかもしれません。