示談交渉

ビジネス男性12

弁護士の仕事は裁判以外にも色々なものがあります。

特に民事事件は裁判に行く前にトラブルを解決させることのほうが多いそうで、裁判を行なう事になってもそれ以前に作成していた書面や集めた証拠を裁判所に提出するだけで裁判が終了することも珍しくないそうです。

そんな民事事件に関する業務の中でも行なう事が多い業務として知られているのが示談交渉で、問題を抱えた当事者同士では進まない話し合いを円滑に進めて民事事件を裁判にまで発展する前に解決させるために様々な条件を提示したりお互いで話し合う席を設けたりと色々な仕事をこなします。

示談交渉はただ単に示談金の金額を指定してお互い納得すれば終了といった単純なものではありません。

ひょっとしたら自分は被害者として依頼した側が加害者だったり無茶な取引を行おうとするケースも珍しくないので、お互いの意見を法律を元に正当性があるかどうかを確認して今後もトラブルが続くことのないような形で取引を完了させる事が出来るような契約を考えなければならない非常に大切で難しい仕事と言えます。

今後の生活にも係わるかもしれないことなので時には非常に話し合いが難航することもありますが、非常に大切なことでもあるので弁護士側も非常に力を入れて事に当たってくれるそうです。