遺言書作成

ビジネス男性12

弁護士の仕事は何らかの事件に巻き込まれたり、会社を経営している方が相談したりと一般的な生活を送っている人はあまりお世話になる機会が無いと思っている方も多いかと思いますが、時には将来のために弁護士の力を借りる必要が出ることもあるそうです。

そんな弁護士の仕事の一つが遺言書の作成で、今のところ健康でも将来何か起きたときに残された家族にトラブルが舞い込まないように予め準備をしておきたいと言う方が良く依頼するそうです。

遺言書はただ書けば良いというものではありません。

遺言書に法的な効力を発揮させるためには定められた書き方でしっかり書いておかないといけませんし、自分で書いて保管したのは良いものの、家族にその存在を知られることのないまま放置されることもあるので、正しい書き方で遺言書を代筆してもらうのはもちろん、何かあった時に遺言書を家族の元に届けてくれるように依頼するとともに遺産相続などの話し合いを取り仕切ってくれるよう依頼したり、遺言執行者を弁護士に依頼することも出来るので、遺産トラブルの元となりそうな財産を所有しているという方や、遺産の存在をギリギリまで知らせずに一部の親族にだけ相続させたいという方など様々な要望に答える事が出来るそうです。